スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期待しているなんて簡単に言うけれども

言われた方の気持ちを考えた事はあるのだろうか。

例えば野球部の大会でホームランを出してチームを勝利に導いたとする。
コーチやチームメイトからは「次もこの調子で頼む」と言われる。
例えば会社でプロジェクトを成功させたとする。
上司から「次もこの様な素晴らしい成功を期待する」と言われる。
つまり、暗に「今回成功したのだから、勿論この次も成功させて当然だ」というニュアンスが含まれている訳だ。
何て自分勝手な理屈なんだろう。
人間なのだから偶然成功する時もあるし、逆に偶々失敗する時もある。
今回の成功が偶然かもしれないし、今度は運悪く失敗するかもしれない。
しかし次に失敗したら「この前のはまぐれか」「やっぱりあいつはあの程度」という見方をされる。
なまじ一度成功している分、余計に評価は落ちるだろう。
それならば最初から過大評価して期待するなんていわなければいい。
やる以上結果はどうなろうと最善は尽くすのだから、余計なプレッシャーはかけて欲しくないし、自分勝手な価値観も押し付けて欲しくない。

こんな考え方をする私はきっと捻くれているんだろうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。