スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪い癖だとは判っているが

ついつい過去を懐かしんでしまう。
いくら悔やんでも過去は変わらないというのに。

人間誰だって強かれ弱かれ「あの時ああすればよかった」とか「何であの時ああしなかったんだろう」と思う事があるだろう。
私はそういった類の事は殆ど無いのだが、今でもどうしても諦めきれずにいる事が二、三ある。
その内の一つに、私がインターネット上で知り合った人達に関する事がある。
インターネット上の知り合いなんて、何かあれば連絡は取れなくなり探しようも無くなる。
そんな事は判りきっていた筈なのに、あの時行動を起こさなかった為に私は大事な人との繋がりを失ってしまった。
その事を今でもたまに思い出しては後悔する。
嫌な思いを繰り返すだけだと判っているのに、その人といた時間がとてもとても心地の良いものだったからついつい思い出してしまい、そしてまた後悔する。
他人から見れば実に馬鹿らしい事だろうし、何て意気地の無い人間だと思うだろう。
それでも私はこれからも同じ事を繰り返してしまうのだろう。
だからこそ、私はこのブログを作ったのかもしれない。
今の知り合いとの関係が段々希薄になっていく気がして、同じ過ちを繰り返してしまうのではないかと怯えて、何か人と繋がる形があれば自分に言い訳出来るのではないかと考えて。







なんて事はないよ、多分(ぁ
真面目に読んでくれた人には悪いけど、かなり芝居がかって書いてるからあんまり信じないように。
まあ真面目に読んでる人なんていないでしょうが・・・。




読んでくれてありがとう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

月日が経ち、それぞれの生活スタイルが変わると、
会えなくなったり、会える時間が限られてくるのはしょうがないことだけどね。

それでも、
きっと繋がってる。

何年ぶりに会ったとしても、
会った瞬間、その間の時間が、氷のように溶けていって。

そして、
「また今度」
そう言える繋がりもあると思うよ。


少女は待っている。
同じ大気の下で。
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。