スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名は体を表す

特に小説やゲームのキャラクターの名前というものは、そのキャラクターを表現する上で重要なものでして。

だけどいくら重要だからといって。片仮名を無理やり漢字に変換したり、アナグラムで実際にはありえない様な極端な名前にするのはどうかなとこの前銀さんとメッセで会話していて思った訳です。
作中に突拍子な名前の登場人物が一人か二人いればそれは作品のアクセントになりますが、何人もいればただの現実味を失わせる材料にしかならない訳でして。
同じく人物設定でも登場人物の内一人ぐらいが天涯孤独だったり、二重人格者だったり、男嫌いだったり、異世界の人間だったりすると面白いかもしれませんが、全員がそれぞれそんな個性を持っていたら支離滅裂な展開にしかなりませんしね。
まあ面白い作品を書く人はそれでも纏められるのでしょうが・・・素人じゃ到底無理ですね。
だから例のリレー小説は収集付かなくなったんだと思うこの日頃です(ぉ
勿論登場人物が全員普通じゃなくても、同じベクトルを向いているなら(全員宇宙人とか全員人外とか全員神様とか)ならその限りではないと思いますが。
まあ私も歳を取って昔の様に思いつくままに駄文を書く力はないので、どうでもいい話といえばどうでもいい話なんですけどね。

しかし銀さんと厨二ネームの話をした後にいくつかの名前を思いついたので書き残しておきましょうかね。
ちなみに全てアナグラムが基本で、下に行く程個人的には解読が複雑です。

・塚井 志乃(つかい しの)
・三津 久美(みつ くみ)
・馬場 藍(ばば あい)
・平良 惇(たいら あつし)
・相留 理香(あいどめ りか)

全ての名前の由来が判れば貴方も厨二ネームマスターです(ぉ
でも一番最後だけちょっと卑怯かも・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

誰ですか!?

あれだけ登場人物を増やした人は!!!!!>リレー
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。