スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーキュートス

とは、地獄の最下層に有る罪人が氷漬けにされている氷結地獄の名前ですが・・・。
事の始まりは先週の木曜日の夕方。
友人と遊んでいた最中に突然気だるさが体を襲ってきたのですが、その時は「睡眠不足と遊び疲れだろう」と思い夜遅くに就寝。
翌金曜日の朝に起きてみると、気だるさに加えて軽い腹痛と寒気が。
その時点で風邪を引いたかなと思ったのですが、咳は出ていませんでしたし忙しかったので特に何も処置せずにいました。
その後家に帰ってからも調子が良くなかったので漢方薬を飲んで早めに就寝。
夜中に余りの暑さに何度か目を覚ますも「まあ風邪なら一日ゆっくり寝たら治る」などと素人の考えで再び漢方薬を・・・断っておきますが、私は漢方薬が万能だとか思っているわけではなく、家に何故か風邪薬が置いてなかったので仕方なく飲んだだけです。
しかし土曜日になっても腹痛は治まったものの、体調はよくならず寒気が悪化。
就寝中も再び余りの暑さに何度も目を覚ましました。
そして日曜日、一気に症状が悪化して激しい気だるさと全身を氷漬けにされたかの様な寒気に襲われて、手足の先の感覚が鈍くなり震えと涙が止まらない事態に。
更に一時は余りにも震えと涙が酷すぎて体を動かす事と会話すら困難な状態に。
慌てて病院に駆け込み(日曜なので緊急でした)診察を待っている間に熱を測って見ると何と40度を超えていました。
そりゃまともに動けなくなるわけです・・・というか、それ以前に良く金曜から土曜までは普段通りの生活を送っていたと我ながら思います。
普通なら気付くかもしれませんが、生活の都合上気温が低い所で活動しているので熱が出ていても自分の体温がいくらぐらいかわかりにくいんですよね・・・しょっちゅう0度以下の場所に行ったりしますし。
一先ず医者に軽く診察してもらうと、40度を超える熱、寒気、頭痛、眩暈と言う事でほぼインフルエンザだろうという事だったのですが、その後色々調べてもらった結果、インフルエンザではなく上気道支炎という喉からくる風邪との結果が。
その後は処方してもらった薬を飲んで安静にしていたらだいぶましになってきましたが、この記事を書いている時点でもまだ少し頭痛と気だるさがします。
幸い明日も用事が無いので安静に出来るので、完治出来るとは思いますが・・・。
安静にしている間、余りにも暇なので久々にテレビをじっくりと見ていたのですが、ニュースを見るとどうやらここ数日で今冬一番?の寒波が来ていた様で。
その寒波と体の疲れが運悪く重なってここまで酷い風邪を引いたんですかね・・・。
兎に角寒さが和らぐまではもう少し体調管理に気を使った方が良さそうです。









余談なのですが、体調を崩す前日に本屋で何気なく目に止まった「本当に恐ろしいクトゥルフ神話」という本を買っていたんですよね。
それまでは全くクトゥルフ神話関係の本など買った事が無かったのに、その時は何故かほぼ即決で買いました。
クトゥルフ神話といえば、重要な土地に氷の大地である南極があり、また関わった人間の大半は不幸になる話なのですが・・・まさかね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。