スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メガコロニーデッキ構築理論

理論なんて大袈裟なものではないですが、自分用メモ。

まず竜魂乱舞環境ではトリガーを所持していないメガコロニーを他のどのクランと混ぜるかです。
メガコロニーの魅力は各種スタンド封じ能力+G3のヘルスパイダー&マスターフロードが特定の条件下で13000になる事です。
この二つを最大限に生かすとなると、スタンド封じ&マスターフロードのコストを賄えるノヴァグラップラーか、後列除去を行えるかげろう辺りが候補になります。
前者は確かにCBを回復出来ますが、条件として「ヴァンガードがノヴァグラップラーの時」があります。
となると、V(ヴァンガード)はノヴァグラップラー、特に永続的にCB回復を行えるミスターインビンシブルになり、R(リアガード)に毎ターン各種スタンド封じのメガコロニーをコールしていき、有る程度ソウルが溜まったらマスターフロードに再ライドする戦法になると思います。
この戦法だとまずインビンシブルをコールしてからマスターフロードをドローして手札に握っておかなくてはなりません。
先にマスターフロードを引いてしまった場合でも普通に戦えますが、その場合後にドローしたインビンシブルが腐ってしまう(Vに再ライドするとアド損+CB回復が遅れてしまうので魅力減)ので安定性が高いとはいえません。
ではかげろうはというと、まず一番最初に思い浮かぶのがVに封竜ブロケードを据えて、Rに各種スタンド封じのメガコロニーをコールする戦法です。
この戦法だと相手のG2のスタンドを封じた場合でもインターセプトされる事が無くなり、かなり効率的に攻め込めます。
インビンシブルと違いマスターフロードとブロケードのどちらを先にコールしても攻め込めるタイミングが訪れるのは変わりなく、手札で腐ってしまうという事が無いと思います(どちらにしろ再ライドでアド損ではありますが)
またブロケードがVの時は除去能力をもったかげろうで相手の後列を除去する事で更にテンポを握れるはずです・・・CBが足りるかどうか怪しいですが。
しかしブロケードを引けなかった場合、除去持ちのかげろうが纏めて腐ってしまうのが難点です。
そこで役立ちそうなのがワイバーンストライクテージャスです。
テージャスならVに関係なく後列を除去出来、またG2としては貧弱なテージャスをスタンド封じ能力で守る事が出来るので相性が良いです。
更にマスターフロードの強化用に入れたG1のメガコロニーでも効率よくテージャスを支援出来る(テージャス+ファントムブラックで16000、+カルマクイーンで15000とシールドを削れる値になる)ので、後衛のRにコールするユニットを悩む必要も余りなくなります。
後はアリフ一式なんかもあればCB全回復出来るので何度もスタンド封じ出来るのですが・・・流石にそれはロマン過ぎでしょうかね。



取り合えず思いつくままに書き殴ってみましたが、果たしてこれが正しいのかどうか・・・。
一回デッキ構築して回してみますかね。



アリフ一式無いですけどね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。