スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム後進国日本

まあなるべくしてなった感じですよね。

この前私をLoLに誘ったプレイヤーさんとチャットで話したのですが、日本のe-sports事情は海外と比べて遅れているようで。
海外だとe-sportsのプロ選手は他のスポーツ選手と同様に企業のスポンサーがついて国からビザが発行されるそうですが、日本ではつい最近やっとビザが発行されるようになったとか。
またLoLの日本鯖がオープンして関連動画などが増えてe-sportsに興味を持つ人が増えましたが、それ以前だとあんまり認知されていなかったような気がします。
まあこれは私が最近e-sportsに興味を持った為にそう感じているだけかもしれませんが。

日本でe-sportsの流行が後れている原因として、どうしてもゲーム=子供やオタクの遊び道具という固定観念がある為に世間が競技と認知してくないのが大きいんでしょうね。
その結果知名度が上がらず競技人口が増えにくく、その為世間に認知されない・・・と悪循環に。

それと日本のゲームメーカーが今や世界に通用するものを作れなくなったというのもあると思います。
海外のゲーム事情は知りませんが、日本で流行しているゲームと来たら、ソシャゲか過去作のリメイクor続編ばかりで似た様な物ばかりが流行っています。
勿論企業がゲームを商品として販売しているのですから、コストをかけずに出来るだけ収益を得れるものを作り出す姿勢は間違っていません。
ただその結果が個人技量関係なくガチャ運と如何に時間をかけたかだけで全てが決まるソシャゲの流行と、システムを使いまわした続編やリメイク作品の氾濫でして。
世界でゲーム革命を起こしたのは任天堂のゲームウォッチやドンキーコングだと個人的に思っているのですが、日本の会社が革命を起こしたのに今や何の独創性もないゲームばかりというのが本当に残念です。



一週間に一度、一枠分ぐらいACVDの生放送をROMって眺めているのですが、コメ欄が相変わらずソシャゲの事ばかりなのを見ていると何とも言えない気分になりますね。
日本のゲーマーがボタンをポチポチするだけのソシャゲから脱却して、世界と張り合える人材が一杯出てくる日は来るんでしょうかね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。