スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世の中の九割九分九厘の出来事には

理由があるというのが私の信条です。

いや、九割九分九厘や信条っていうと大げさですが、要は私は世の中の大半の出来事はなんらかしらの理由があって、(出来るかどうかは別として)説明がつくって考え方の持ち主なのです。
例えば、今まで全く問題を起こした事の無い少年が突然同級生を刺し殺した。
周りの人は原因が分からないというが、調査する内に刺した少年は刺された同級生に苛められていた。
あるいは、道を歩いていたら突然前を歩いていた人が踊りだした。
不気味になって逃げようとしたら、テレビ局の人が出てきてドッキリでしたと言われたなど、どんなに不可解な出来事でも何らかしらの理由があるはずなのです。
勿論この例え話で前者は大半の人が理由を思いついて、後者は大半の人が思いつかず納得しないというでしょう。
しかし両者ともどうであれきちんとした理由があり、その結果一見不可解に見える出来事が起きている事には違いないはずです。
もっと言えば精神を病んだ人が突然叫びだすのだって、周りの人から見れば不可解ですが当人には何らかの叫ばなければならない理由があるはずなのです。
単純に何らかの刺激に反応したとか、常人とは違う思考回路の持ち主なので普通は気にならない事に驚いた、あるいは怒ったなど。

ではここで一つの疑問を。
将来科学が発展して、今の数万倍、数億倍の処理能力を持ったコンピューターが出来たとします。
このコンピューターは今の科学では考えられない程高性能なので、一瞬であらゆる可能性を計算し結果を導き出します。
例えば目の前の人が一呼吸すると、それはその人の体内の酸素が何%減少していて、その結果神経から酸素を補給する指令が出た為で・・・といった様や、更にその呼吸を行った事によって、大気中の酸素が何パーセント減少し、これぐらいの空気の揺らぎが発生した為・・・というふうに。
それこそバタフライ効果すら本当に計算できるぐらいに。
そうなると、そのコンピューターは世界中、いや宇宙中のあらゆる出来事を説明できる事になりますね。
そしてコンピューターはどれだけ進化しようとその根源を成すのは0と1です。
そのコンピューターはあらゆる事象を説明出来る、そのコンピューターは0と1の計算で動いている、つまりあらゆる事象は0と1で説明できるという事になりません?
非常に馬鹿げた、しかし怖い考え方ですね。
私も一人の人間として、そんな事は認めたくありません。
だから題名では一厘の可能性、あるいは希望を残しているんですが。



え?何で突然こんな事を書いたかって?
勿論その理由なんて一つですよ。
更新のネタがないからです。



それにしても遥か昔、似たような記事を何処かのブログかなんかで読んだ記憶がありますね。
どこだったかな・・・細胞がどうとかいう記事だったんですが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。